« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

最悪のケーキ教室

26日(土)はケーキ教室をしました。メニューは「サントノーレ」というシュー生地のお菓子です。参加者は7名、そのうち初めてさんが2人です。今まで、シュー菓子は3回作っています。「シュークリーム」「パリブレスト」そして「サントノーレ」、徐々にランクアップしているつもりでした。。。

ですが、レギュラーの生徒さんに失敗が続出。作り直しが多く、進まないのです。おまけに、初めて、終了時間が1時間程オーバーしました。

アタマに血が上りました。
「いい加減にしろ!!」という思いでいっぱいでした。

誰の責任なのでしょうか。来月は休もうかと昨夜からず〜〜〜〜〜っと落ち込みました。出口が見つけられませんでした。。。そのくらい悔しかったのです。こんな事は初めてです。

もう一度考えました。
誰の責任なのでしょうか。。。
メニューが難しすぎたのか、生徒さんに理解してもらえていないのか、何故、わからない段階でわからないと言わないのか。。。

答えが出ないまま、今日は気分転換に映画を2本観に行きました。その間も、モヤモヤとしたまんまです。

また、考えました。
誰の責任なのか。。。


答えが出ました。


全部、私の責任でした。このケーキ教室で起きた事は、成功も失敗も全て私の責任なのです。悩む事も無く、それは当たり前の事でした。

ごめんね、みんな〜。。。

私は未熟者です。
この落ち込みが自然に解決する事は無いので、元気を作り出して、自力で立ち上がりたいと思います。ケーキ作りの楽しさを、わかってもらいたくて、私はケーキ教室を始めたはずなのに、いつのまにか、「ケーキショップに負けない美味しいケーキを!!!」と気負いでやっていた部分がありました。

理念は理念として持っていつつも、このケーキ教室に来てくださっている生徒さんの為にも、今までとはひと味違うケーキ教室作りをして行きたいと思います。

だって、私は、みなさんに支えられているのですからweep

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

今年も浅草橋

友人のviviさんがプロデュースしている浅草橋の講習会。今年も遂に始まりました♫ ここの講習会では、沢山の出会いがあり、目から鱗の収穫があります。
 前夜のこと、くつろぐハハに「明日、講習会で遅くなるから宙(そら/飼い猫です♫)にご飯あげといてheart02」と頼みました。すると
ハハ 「どこまで行くの?」
ワタシ「浅草橋」
ハハ 「行っても入れないんぢゃないの?」
ワタシ「。。。。。???」
    「入れないって???」
ハハ 「いま野球賭博でどこの部屋も入れないってTVで。。。」
ワタシ「出稽古ぢゃないって言ってるでしょ!」←内心、きっさま〜と思っていたヒト


さて、その講習会も今年の一発目。
今回は「ラ・スプランドゥール」の藤川浩史シェフでした。

デコポン「不知火」のケイク! 世代的に「不知火」から「ドカベン」を連想してしまいましたが、お味の方も鮮烈な香りが爽やかでした。このコンフィチュールがまた、絶品なのです!
201102161701000

こちらはプラリネとチョコレートのケーキ(いや〜、ざっくりだなぁw)
201102161715000
とても独創的なビスキュイと、画期的なな手法が生み出す優しいお味でした。なんでしょう、お菓子業界の江戸前???辛党の私には少し甘いけど、レシピ的には軽さが売りだと思います。一つ一つのパーツにキチンと仕事がなされていて、素晴らしくバランスの考えられたお菓子のひとつではないでしょうか。小手先の技術ではなく、素直に美味しい。それって、大切な事だと思いました。

最後は「イチゴのタルト」でした。シュクレの作り方は、最近では珍しい「バターすり混ぜ式」で、ホッとするお味でした。しか〜し!! イチゴのガルニチュールが絶妙です! 素晴らしい!! シェフがおっしゃっていた「これ(ガルニ)単品では美味しく無いかもしれません。生地と合わさって、バランスがとれて美味しいと感じて頂ければ良いと思っています。いつもそんな風に考えてお菓子を作っています」に、思わず大きくうなずいてしまいました(笑)それはまさに、フレンチレストランの考え方なのかもしれません。ガルニがソースに見えました♫
201102161730000

美味しく無いはずがないぢゃないですかw 甘みも強すぎず、〆のデザートというよりは、なんだかお料理のようでしたよ。感激の美味しさでした。

viviさんと「どの講習会も勉強になるし、楽しいですよね」と話した事があります。日々勉強の私にとって、例え同じ話を2度聞いたとしても、無駄な事はありません。1度目と2度目では理解度や発見出来る内容が違うからです。人間は、「知っている」という解釈に踊らされてしまう、見過ごす動物なのだと改めて深く考えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月15日 (火)

幸せのフレンチトースト

フレンチトーストを食べる機会って、意外と少ないワタシ。
ファミレスのモーニングくらい???

10日くらい前、玉川高島屋の「フォション」というベーカリーで、パンを数種類購入し、食べきれずにかた〜くなっていたパンをスライスし、作ってみました、フレンチトースト♫

今回、ちゃちゃっと作ったレシピを紹介します!!
<材料>
卵(L)1個
牛乳80cc
グラニュー糖30g
食パン(6枚切り)1.5枚
バター10g
シナモン少々
メープルシロップたっぷり

<作り方>
1.バットに卵、グラニュー糖、牛乳、シナモンを入れてフォークでよくまぜる
2.食パンを40分ひたす(ときどき裏返してね)
3.フライパンにバターを入れて、溶けたらパンを入れる。極弱火にして30秒そのまま焼く。
4.30秒たったら、フライパンを揺すりながら3分焼く(フタ無し)。
5.裏返してフタをし、3分焼く(時々揺すってね)。
6.お皿に移して、メープルシロップをかければ、出来上がり〜♫

揺すりながら焼く事で、パンがふわふわになります。なんでなのか不明(笑)
こんなカンジで焼けましたheart01

201102141451000

外はカリカリ、中はフワフワ♫

201102141451001

ほわ〜ん♫ 幸せなキモチになりますよ!

201102141452000

おためしあれ〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

アップルパイな午後

仮死状態のリンゴを家の中で発見! したハハが、「あ〜、スカスカになってる〜、リンゴサラダにしようと思ったのに〜。。。」と、恨めしそうに言うので、急遽アップルパイを作りました。世間一般には「紅玉じゃないとアップルパイは美味しく出来ない」とか、言われますが、そんな事もありません。お砂糖の量や種類を変え、シナモンをふって香りをプラスし、レモン汁で酸味をプラスします。フィリングを手作りしているだけで、そこらのアップルパイよりもupスカスカリンゴでも十分にイケます!この日は、カレンツ(ちっちゃいレーズンみたいの)も入れてみました。ま、火通りや食感は、どうしても紅玉のようにはいきませんけどねw でもね、ハハは、これがまた、少し火の通り過ぎたアップルパイが好みなんですよ。だから、何の問題も無いカンジでした。

201102101406000

こんなカンジにしちゃえば。焼き型も必要ありません。いや〜、カンタンですね。しかもね、初めての冷凍パイ生地で、作っちゃいました〜!!!ぷぷぷ〜heart04むか〜し、一度だけ使った事があった冷凍生地。マーガリンの酸化した様な臭いが鼻について、めっちゃマズかった記憶しかありませんでした。今回はイトーヨーカドーさんで、「冷凍食品半額の日」で、半額で売っていたものを買ったんです。なんでかって言うと、先日のキッシュレッスンで生徒さんに「生地作りが面倒だったら、冷凍の生地でも出来ますからね!」と、言ったくせに、実は、ほとんど未体験ゾーン。で、一念発起で、使ってみた訳です。
カットしたらば、こんなカンジ〜w スカスカでも煮崩れしていません。こんなんでどうでしょうかね。

201102101420000

感想は。。。こんなに簡単にお菓子ができるのか〜。。。でした。生地の伸ばしもラクラク出来ます。そういう風に作られているのでしょうね。焼いた時の酸化臭もありませんでした。

生地を膨らませる必要の無いキッシュであれば、更に問題なく作れるでしょう。バターで手作りした生地の方が、間違いなく美味しいのですが、「思い立ったらすぐに出来る」事も、お菓子作りの大きなポイントである事は確かです。この冷凍生地を使っても、スーパーやコンビニ、大手のパン屋などにあるアップルパイよりも美味しいのです。環境に合わせて、どちらもアリなのでしょうね。

なるほど、これは、良い勉強になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 8日 (火)

結局はケーキオンリーか

そう、新年会の料理の写真を撮ろう!と、思っていたはずなのに、気がつけば、箸が進んでいて(笑)
結局、撮れたのはケーキだけ。それも、カット直前に大慌てでw
201102062032000

しか〜も!生デコ(爆) これじゃ、生デコアルバムになってしまう〜(>_<)うへぇ
でもですね、ちょっぴりの言い訳をさせてもらえるならば、甥っ子(3さい)が、イチゴを持って来て、こう言うですよ。「けーちheartけーちheart」って。この子、「いちごのショートケーキ」が大好きなんですもの。そりゃ、作るでしょ?
 ま、親が私にケーキを作らせようと、イチゴを買って来たのはわかっているんですけれどもw それはそれとして(笑)

ただね、13人分だから、ケーキも2台になるわけで、3台ある冷蔵庫が、もう〜ぎゅうぎゅうでした。面白いですね、もう〜ぎゅうぎゅうってw はははw

ケーキはともかく、自家製の「ローストビーフ」ちゃん、おかげさまで好評でした。昨年あたりから妙に、自分でローストビーフを作るのが流行ってますものねぇ。フライパンでもできるらしいし。流行っているならやっとくかflairと思った次第でございます♫お手軽に出来て嬉しい限りでした。

節分を過ぎての新年会でしたが、みんな元気そうで何よりでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

マロンパイでもどう?

さぼっていると、「ブログ、見つけたよ」と、連絡があったりして、大焦りの更新ですw 最近も、お菓子は作っていたのですが、なかなかUP出来ず(>_<)
 パウンドケーキ26本とか、焼き上がりは圧巻でしたが、同じ様な顔が並んでいるので、写真は撮っていなかったりして。。。おほほ♫

今日は新年会近親者(それでも13人)のみでの新年会なので、お料理とか、お菓子とか、多分写真撮っとこう!多分だけど。

これは先日作った「マロンパイ」、フィロ生地なので、簡単で便利。パイ生地と違って、パリパリ感がある程度持続します!
201102031735000
実はコレ、母の大好物なんですよw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »