« お揃いのパウンドケーキ | トップページ | 梅のコンポート »

2011年7月 3日 (日)

マンゴーの、とろぴかる加減

先日行って来た、ケーキハイセミナーでのこと。
今回は、生地を2種類焼いて、フロマージュのバヴァロワとマンゴーのムースを流し、マンゴーのジュレで仕上げたケーキでした。

201107011215002
確かにね、ツヤツヤに仕上がっているんですよ。マンゴーもね、フレッシュっフルーツをピュレにする所から作っているので、15センチ2台でマンゴー3個がなくなります!
旬とはいえ、なんともお金のかかったケーキです(笑)

201107011215000


201107011227000

断面ですね。ご覧の通りで、これだけ使ってもマンゴーが少なめです。。。カナスイ(涙)
講師同士で「なーんかこう、マンゴーの、とろぴかる加減が難しいのよね〜」で、大爆笑w

そうなんですよ、テマヒマかけない缶詰の方が、お味はしっかりと出るんです。。。マンゴーが持つ酵素を抑える為に、ムースの場合等は火にかけてから使う(固まらないので)のですが、これがフレッシュ感を台無しにしているのかもしれません。。。

とろぴかる加減。。。ホントに難しいです!

|

« お揃いのパウンドケーキ | トップページ | 梅のコンポート »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402415/40655548

この記事へのトラックバック一覧です: マンゴーの、とろぴかる加減:

« お揃いのパウンドケーキ | トップページ | 梅のコンポート »