ニュース

2011年3月13日 (日)

関東の地震

私は、自宅でひとりの時に地震にあいました。2階にいましたが、1階でストーブをつけていて、そこに宙が寝ていたので、恐怖で凍り付きました。

 1回目の大きな地震では動く事が出来す、ただ、宙を呼び続けて。。。
揺れが収まって慌てて下に降りて、キッチンのガス栓を締めて、ストーブを消したら、また2回目の大きな地震にあいました。こちらが茨城の地震でした。
 1階では照明の笠が落ち、ワインラックからワインが落ちて散乱、ガラスキャビネットに入っていた食器類が割れました。2階では本棚が倒れ、冷蔵庫が傾きました。

その後、家族全員の無事を確認出来て、ようやく我に還りました。主人は、女子社員3人とともに歩いて四谷から渋谷に出て、先に同じく歩いて帰り、自宅の惨状を修復していた父が車で迎えに行きました。渋谷といえば、たかだか11キロ程度の距離ですが、車で往復4時間30分かかったようです。群馬から北海道へ出張するはずだった弟達は、全便欠航で羽田から戻り、我が家に一泊しました。羽田空港から我が家までの距離は20キロ程度、こちらは車で片道5時間かかる大渋滞でした。

親戚は、千葉県銚子市と旭市にもいます、銚子では玄関の石段が割れ、液状化で水が地面から噴き出したそうですが、津波被害は無く、一時的な避難で済んだようです。旭市は、津波被害があったようで、給油中に津波で流された方もいると聞きました。親戚は無事のようです。

被害の全容が明らかになるにつれ、目を覆いたくなる様な現実に胸が締め付けられます。マスコミのみなさんは、被災者の辛さを嘆く泣き顔ばかりを繰り返し報道しようとしないで下さい。義援金を募る為の外道の手段にしか思えません。

皆、辛いんです。
TVを観るの辛いんですよ。どうか、事実と希望を報道して下さい。お願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)